音圧を清く正しく上げるためにEQとCOMPの接続順について考察してみた

EQとCOMPについてのお話( `ー´)ノ

スポンサードリンク

 

EQとは?COMPとは?

~EQとは~
イコライザー。音声信号の周波数特性を変更する音響機器である。音声信号の特定の周波数帯域を強調したり減少でき、全体的な音質の補正に使用される。

EQの目的は音質の補正!

~COMPとは~
コンプレッサー。音の強弱の差を縮小する効果がある。波形を一定にするため、音の粒が揃う分雑音も拾いやすくなる。

COMPの目的は音の平均化!

 

接続順について

[接続順がEQ→COMPの場合]

不必要な帯域をカットした後にCOMPが働くため、音色の変化が大きくなる。
EQでブーストした帯域にコンプが反応し、綺麗に音圧が上がる。
積極的な音作りに効果を発揮する。

なるほどですね。
そのためディストーションやファズの前に接続されることも多いとかなんとか( ゚Д゚)

接続順がEQ→COMPの場合、他エフェクターの効果を底上げできる!

 

[接続順がCOMP→EQの場合]

COMPで平均化された音質に色を付ける。
COMPで音の粒が平均化された出音に対し、さらに音質を修正できる。
小さな加減をつけることができる。

接続順がCOMP→EQの場合、更に音質補正・微調整ができる!

 

結論

エフェクターの順序で音質が変わってしまうので、気を付けたいですね。
今回のEQ対COMP。まとめてみると・・・

他エフェクターの効果を底上げするならEQ→COMP!
音質の微調整であればCOMP→EQ!

となりました。

個人的にはEQ→COMPがおすすめです(‘ω’)
なんてったってアンプに更にEQありますので、微調整はそちらでオススメします(´ω`)

 

番外編~ボーカルのエフェクト~

EQで声質を整え、その分レベル落ちしたり痩せた分をコンプで整え、さらにオケとのバランスでEQをもう一個挿して微調整。
イメージとしては不要帯域カット→音圧上げ→微調整ですね。

ボーカルのエフェクトはEQ→COMP→EQ!

楽器も本来はこれが理想ですね。
ただエフェクターを繋ぎすぎると音が痩せますので、アンプ付属のEQで済ますのがベストかもしれません。

ベースのエフェクター全紹介および簡単な解説&メジャーな商品も紹介!

参考になりましたか?
調べたところによると、楽器は一般的にEQ→COMPとのこと。
自分は逆でセッティングしていたのでさっそくエフェクターボードを組み直します( ;∀;)笑